こんにちは。

今日の記事はネットで調べてもほとんど出てこない秘境スポット「白龍湖」の記事になります。

白龍湖は驚くほど水が透明で、かの有名なモネの池と似ています。

それでは高知版モネの池こと白龍湖の記事をどうぞ。

気になる白龍湖の詳細情報はこちら

 

場所は津野町

白龍湖へ行くには高知県高岡郡津野町にある与作狸というタヌキの銅像があるポイントまで行く必要があります。

天狗高原の入り口付近です。高知駅から約2時間前後と言ったところでしょうか。

与作狸の詳しい場所はこの記事の一番下に記載していますのでご参照ください。

秋に撮った写真になりますので、春や夏に行くとまた違った景色が見れると思います。

秋でも十分綺麗です。

タヌキの銅像の裏側に下に降りる道があるので、そこから湖まで行きます。

徒歩で2,3分でしょうか。

使われていない道なので少し廃墟感はあります。

白龍湖に到着

青く透き通った小さな池があります。

海底までは1メートルくらいあります。海底が見えるとぞっとしますね。。。

洞窟らしきものがあり、そこを抜けると橋が架かっています。

この廃墟感といいますか、この寂れた感じを含めて不思議な感じがします。

 

高知版モネの池

この白龍湖がなぜ今注目を浴びているかというと

この透き通る水とその水の中で泳ぐ鯉が神秘的だからです。

紅葉シーズンに行ったので、紅葉とコバルトブルーがマッチしていたので紅葉の時期に行くのもお勧めです。

夏場に行くと太陽光が強いので池の透明度が増してもっと綺麗な色になるんじゃないかなと思います。

 

廃墟っぽい部分も。

何かの施設跡といいますか、工場跡のようでした。今は使われていないみたいで橋も一部通行禁止の部分も。

上にも行けるみたいですが足場が悪いのと行き止まりになっています。

観光に来る際は十分気を付けてください。

橋は幅が狭く歩くと少し、跳ねます、気を付けて渡ってください。

いかがだったでしょうか?

全国的にも珍しい秘境スポット白龍湖。

天狗高原に行く際にでも寄ってみてください。

廃墟が好きな方にもオススメのスポットです。

 

白龍湖の周辺スポット

まさに秘境。千と千尋の神隠しのような穴場渓谷「岩屋川渓谷」 まさに秘境。千と千尋の神隠しのような穴場渓谷「岩屋川渓谷」 知る人ぞ知る、秘境の渓谷。大自然のなか、全長2kmの遊歩道を散策しよう。木漏れ日と川のせせらぎが、夏の涼し気なひとときを演出します。秋には紅葉も楽しめる、観光・レジャーにオススメのスポット。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

仁淀川町の名産品を使ったスイーツが楽しめるお洒落なカフェ「あすなろ」 仁淀川町の名産品を使ったスイーツが楽しめるお洒落なカフェ「あすなろ」 仁淀川町にある、今話題のお店。仁淀川町の名産品を使ったスイーツやお料理が頂けます。木の香りやお茶の香りに囲まれながら、心癒されるひと時を。

自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 仁淀ブルーと自然が作り上げた神秘の空間。透き通った水、空気、現実世界とは思えない世界です。

日本一美しい川の水源 「安居渓谷」 日本一美しい川の水源 「安居渓谷」 迫力ある大自然の眺望を楽しめます。森と崖に囲まれた渓流の絶景や、仁淀ブルーの名の通り、底まで青く透き通る仁淀川支流の水は、思わず息を呑んでしまう美しさです。秋には鮮やかな紅葉も楽しめます。是非一度訪れてみて下さい。


みかど
みかど

気になる白龍湖の詳細はこちら


この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のシェアリンクから各自シェアすることができますので、お友達に気軽に送ることができます。

店名
白龍湖
所在地
高知県高岡郡津野町芳生野乙
地図
アクセス
高知駅から車で2時間
駐車場
なし
コンビニ
なし
備考
タヌキの銅像が目印です。

あなたにお薦めの記事