【安居渓谷】日本一綺麗な川が流れるレベチ渓谷がほんとにヤバかった。

こんにちは。

今日皆様にご紹介する観光スポットは、高知の有名渓谷の一つ、安居渓谷になります。

日本一美しいと謳われる仁淀川、その美しい水は仁淀ブルーと呼ばれております。

安居渓谷は最もその仁淀ブルーを堪能できる場所といっても過言ではありません。

安居渓谷の詳細情報はこちら

目次

場所は仁淀川町

ルートは2種類あります。いの町から行く方法、仁淀川町から行く方法。

高知駅からどちらのルートでも車で1時間ちょっと。寄りたいお店や見たい景色でルートは選ぶといいかもしれません。

県立自然公園 安居渓谷

中津渓谷の近くにある安居渓谷、中津渓谷と比べるとさらに山奥にあり、自然豊かです。

安居渓谷には宝来荘という宿泊施設が併設されています。ランチも食べれるみたいですね。

トレイもリニューアルされ、利便性も向上しています。安居渓谷は往復約40分のコースなので飲み物は前もって自動販売機で購入しておくのをオススメします。

宝来荘を一歩抜けると仁淀ブルーが私たちをお出迎え。

狭い遊歩道と赤い橋、ゴーと音を立て流れゆく仁淀ブルー、それと見たことないくらい大きい岩。感動です。

ごつごつした岩場の先に水のたまり場を発見。とんでもない透明度と綺麗なコバルトブルーが見ごたえ満載。

浅いようで深いです。写真ではわかりづらいですが、実際は2,3メートルはあります。キンキンに冷えた水は夏を感じさせてくれます。

飛竜の滝へ

一度道路へ上がり、歩くこと2分。飛竜の滝への入り口が見え始めます。

透き通る水の透明度が最大化された場所を発見。水晶の様な川に、思わず息をのむほど。今風の言葉で言うと、ヤバいです。

飛竜の滝までは遊歩道が完備されているので、流れる川や周りの自然、鳥のさえずりなどを楽しみながらのんびり歩きましょう。

長い年月が経ったであろう、橋、岩、自然と人工物が混ざり合った不思議な感覚、吸い込まれるように綺麗な自然たち。

現代社会の慌ただしい生活からいきなりここに来るとほんとに異世界に来たかのような感覚にとらわれます。

自然以外の音はなく、流れる水は氷るほど冷たく。日本に残された限られた本物の自然を理解するには十分すぎますね。

今後ずっと残していきたい、他県に負けない素敵な自然です。

飛龍の滝

落差30メートルの龍が飛び立つような滝がゴーゴーと音を立て現れます。夏本番になると水量も増えマイナスイオン全開の爆滝になります。

この水たまりから大蛇が出てきてもおかしくない、そんな雰囲気と迫力があります。

安居渓谷はこれだけじゃない!

この迫力ある滝以外にも、仁淀ブルーの頂点といっても過言ではない場所が併設しています。

その名も水晶淵。安居渓谷といえばこの飛竜の滝と水晶淵がセット。行かなきゃ損です。

水晶淵の記事はこちらから

いかがだったでしょうか?

日本一綺麗な川が存在する高知県。他県にはない自然のアートです。

都会に並ぶ高層ビル、商店街、そんなものは高知にはありません。しかしこの綺麗な川、自然、水、は都会には存在しません。

お休みの日に、家族と、恋人と、大自然を体験してみるのは、どうでしょうか?

安居渓谷付近のスポット

安居渓谷の詳細はこちら

住所高知県吾川郡仁淀川町大屋1627−4安居渓谷
地図
アクセス高知駅から車で約90分
駐車場あり
コンビニなし
備考欄道が狭いので十分にご注意ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる