【ゆとりすとパーク うんかいデッキ】標高777メートルからの大絶景!大空の大海原が神秘的過ぎた。

こんにちは。

今日の記事は、ゆとりすとパークおおとよにある、うんかいデッキの紹介記事です。

高知で一番綺麗に見える場所で、人生で一度は見てみたい絶景です。

職員の方によると、一年中見れるんだとか。

それでは記事の方をどうぞ。

ゆとりすとパーク うんかいデッキの詳細情報はこちら

雲海ってなに?

山など高い場所から見下ろした時に、層状の雲がまるで海のように見える自然現象です。

雲の海と山々が島のように浮かんでいるように見えて幻想的な風景が広がります。

どこで見える?

「層雲」や「層積雲」という比較的低い場所に発生する雲が雲海を作り出します。周りを山で囲まれた盆地のような地形に雲海が発生しやすく、ここゆとりすとパークおおとよは盆地を見下ろせる場所として雲海を楽しむのに適しています。

いつ見える?

雲海はいつも見えるわけではありません。発生するのは早朝が多く、また、様々な気象条件が重なって発生します。特に10月~12月の発生頻度が高く雲海鑑賞にお勧めの時期です。ゆとりすとパークおおとよでは、過去のデータと気象予測を活用した解析によって独自の雲海予報を発信しています。

ゆとりすとパークおおとよより引用

目次

場所はゆとりすとパークおおとよ

高知駅から下道で1時間15分。高速で45分ほど。

約4キロの山道をあがります。道中は、まさに雲海の中で、周りが霧だらけになります。
鹿やうさぎ、タヌキなどもよく現れます。

道は整備されていて、ガードレールまであるので安心です。

しかしクネクネ道が続きます。

ゆとりすとパークおおとよ

通常の営業は10:00~17:00ですが雲海の時期は朝7時から、うんかいデッキが利用可能とのことです。ただし、火曜日は定休日。

第一駐車場は、ロープで施錠されていますが、第二駐車場はいつでも利用できます。(朝7時に施錠が解除されます)

駐車場からもすでにすごい雲海が見えるんですが・・・。

11月中はいつでも入れるみたいですが、12月からは休園になるので、施錠も各個人で行って入ってほしいとのこと。
キャンプ、コテージの利用は年中できます。したがって一般のお客様もおられますので、マナーを守り入園してください。

うんかいデッキはマップの中にあります、展望台のところにあります。
車で上のキャンプ管理棟のところまで行くか、第一、第二駐車場に車を止めて歩いていくかのどちらかになります。

駐車場と同様、すでにすごい雲海が見えるんですね・・・。

上に歩いていくと、頂上付近にうんかいデッキが!!

これぞ自然の奇跡、雲海の大海原。

映画やドラマで見るような世界が一面に広がります。

息をのむような美しさ、自然の美しさ、すべてを感じることができます。

この雲海デッキは標高777メートル。ラッキーな場所で、ラッキーな光景を。

キャンプ、コテージで泊っている方もいらっしゃいますので、お静かに。

見渡す限り雲海。物音ひとつない朝、自然の神秘を感じます。

いかがでしょうか?

日本屈指の雲海スポット。

見渡す限り雲海の世界を、皆様に体験していただきたいです。

777メートルのラッキースポットで、素敵な朝をスタートしてみませんか?

うんかいデッキ周辺のおすすめスポット

ゆとりすとパークおおとよの詳細情報はこちら

店名
ゆとりすとパークおおとよ
住所〒789-0315 高知県長岡郡大豊町中村大王4037−25
地図
アクセス高知駅から車で約75分
営業時間10時00分~17時00分
定休日火曜日
電話番号0887-72-0700
ゆとりすとパークおおとよHPhttps://www.yutorisuto.jp/
駐車場あり
コンビニなし
クレジットカードクレジット不可

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる