こんにちは。

今回紹介するのは仁淀川上流にある「安居渓谷」です。

県内有数の紅葉日本屈指の水の透明感を楽しめます。

駐車場も整備されており比較的アクセスも良いですが少し歩きますので動きやすい服装でお越しください。

気になる「安居渓谷」の詳細情報はこちら

 

春の安居渓谷の記事はこちら。

日本一美しい川の水源 「安居渓谷」

日本一美しい川の水源 「安居渓谷」

迫力ある大自然の眺望を楽しめます。森と崖に囲まれた渓流の絶景や、仁淀ブルーの名の通り、底まで青く透き通る仁淀川支流の水は、思わず息を呑んでしまう美しさです。秋には鮮やかな紅葉も楽しめます。是非一度訪れてみて下さい。

 

場所は仁淀川町

高知駅から車で1時間30分ほど。愛媛県との県境付近にあります。

仁淀川町の茶畑を眺めつつ、山道を登ります。

高知県内有数の紅葉スポットだけあって、観光に来る人が多かったです。

トイレは最近新しく作り直されたみたいです。

駐車場も少し増えました。

 

目の前に広がる広大な紅葉

紅葉の赤仁淀川の青

この2色のコントラストが渓谷を彩ります。

辺り一面の紅葉、別世界に来たかのような感覚に陥ります。

紅葉の定番、吊り橋からの景色も絶景です。

が、安居渓谷は山に入ってからが本番。

 

滝を見るべく、遊歩道を進む

整備された遊歩道を歩きながら紅葉や自然を楽しみながら進むことに。

川を流れる落ち葉、色とりどりの木の葉には心を刺激されます。

大自然あふれる遊歩道をひたすら歩きます。

水のせせらぎ、透き通る空気、吹き抜ける気持ちい風。

現代社会から抜け出した感じがします。

 

飛竜の滝

落差50m以上もある飛竜の滝。

二段に連なるその姿はまるで昇り竜の様です。

上を見上げると岸壁に張り付く木々と紅葉が圧巻です。

 

安居渓谷 もみじ公園

安居渓谷は中津渓谷と違っていくつものスポットが複合しています。

滝や遊歩道以外にも見どころはたくさんあります。

中でも人気なのがこのもみじ公園。

架け橋や東屋などがあり、日本庭園のような公園があります。

河原にも近づけるのでお子様連れの方にもオススメします。

話題の水晶淵

訪れる時期季節によって見え方の変わる水晶淵。

あなたには一体どのような表情をみせるのでしょうか?

夏でも秋でもこの日本で一番きれいな水、仁淀ブルーの色合いは王座を譲りません。

年中楽しめる渓谷スポットであり、高知でもトップクラスの紅葉スポットです。

いかがだったでしょうか?

高知県内屈指の紅葉スポット「安居渓谷」

今まで訪れたことのない方はもちろんのこと夏場に訪れたことのある方もその時とは違う景色を堪能して頂きたいスポットです。

散策コースが整備されているので手軽にお越し頂けます。

「安居渓谷」周辺のスポット

 

仁淀川町の名産品を使ったスイーツが楽しめるお洒落なカフェ「あすなろ」 仁淀川町の名産品を使ったスイーツが楽しめるお洒落なカフェ「あすなろ」 仁淀川町にある、今話題のお店。仁淀川町の名産品を使ったスイーツやお料理が頂けます。木の香りやお茶の香りに囲まれながら、心癒されるひと時を。

レトロな店内で、仁淀川を見ながら、贅沢ランチ 「えちごやカフェ」 レトロな店内で、仁淀川を見ながら、贅沢ランチ 「えちごやカフェ」 2018年7月にオープンしたばかりの、レトロチックカフェ、仁淀川の景色を眺めながら食べるランチはまさに絶品。付近の渓谷や、ドライブついでに、是非! お店の方の対応もよく、親しみやすいお店です。お店の道具などはすべてレトロなものを使用しており、雰囲気も抜群。

仁淀川を見ながら 絶品スイーツ 「高知アイス」 仁淀川を見ながら 絶品スイーツ 「高知アイス」 青や緑の大自然に囲まれて、高知の良さがたくさん詰まったアイスを食べられます。仁淀川を見に行く際など、是非お立ち寄りください。柚子ドリンクなど高知ならではの商品は、県外の方へのお土産にもオススメです!

自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 仁淀ブルーと自然が作り上げた神秘の空間。透き通った水、空気、現実世界とは思えない世界です。

気になる「安居渓谷」の詳細はこちら


この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のシェアリンクから各自シェアすることができますので、お友達に気軽に送ることができます。

店名
安居渓谷
所在地
高知県吾川郡仁淀川町大屋1627-4
地図
アクセス
高知駅から車で約1時間20分
駐車場
車20台程度
コンビニ
付近に無し

あなたにお薦めの記事