今日の記事はテレビでもよく取り上げられる大人気スポット「水晶淵」の記事になります。

仁淀川町に流れる仁淀川は仁淀ブルーとして有名ですが、その仁淀ブルーの頂点といっても過言ではないない場所になります。

安居渓谷から車で1分ほど上流に行く水晶淵がひっそりと現れます。

そんな日本最高峰の水質を誇る仁淀ブルー。さらにその頂点となると胸が高まります。

それでは記事の方をどうぞ。

気になる水晶淵の詳細情報はこちら

 

場所は仁淀川町大屋

仁淀川町大屋といっても難しいので、サイト下部のマップを参照ください。

安居渓谷のすぐ近くにありますので安居渓谷を目安に行ってください。

車は7台ほど止めれますが狭いので気を付けてください。

 

水晶淵まで行くことに。

徒歩で5分ほどですが、最初に歩く階段が結構危ないので慎重に…

石の階段ですが微妙にぼこぼこしているのと濡れているので滑る可能性があります。

歩くこと2分。とんでもなく透き通った川が現れます。

この時点で歓喜の声が上がります。

一見浅そうですが、深水3メートルくらいはありました。

水晶淵の手前に背龍の滝もあります。

落差は50メートルほどありそうです。

といっても小さい滝なので道から眺める程度です。

滝を横目に歩いて進みます。

 

これぞ仁淀ブルーの最高峰

テレビでも取り上げれれるほどのスポットの全貌がこちら。

エメラルドグリーンの水は仁淀ブルーの中でも群を抜いています。

ここではSupを体験したり泳いだり遊ぶこともできます。

高知に旅行に来る際、ぜひ来てほしいスポットナンバー1ですね。

仁淀ブルーをまじまじと体験したことがない方も騙されたと思って一回来てみてください。

高知のこの自然の豊かさを心から体験することができます。

 

水晶淵付近のスポット

自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 自然が作り出した遊園地!仁淀ブルーの流れる渓谷「中津渓谷」 仁淀ブルーと自然が作り上げた神秘の空間。透き通った水、空気、現実世界とは思えない世界です。

まさに秘境。千と千尋の神隠しのような穴場渓谷「岩屋川渓谷」 まさに秘境。千と千尋の神隠しのような穴場渓谷「岩屋川渓谷」 知る人ぞ知る、秘境の渓谷。大自然のなか、全長2kmの遊歩道を散策しよう。木漏れ日と川のせせらぎが、夏の涼し気なひとときを演出します。秋には紅葉も楽しめる、観光・レジャーにオススメのスポット。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

高知が生んだ秘境!奇想天外あらふしぎ断崖絶壁にある秘境神社「聖神社」 高知が生んだ秘境!奇想天外あらふしぎ断崖絶壁にある秘境神社「聖神社」 存在すらもすべてが秘境!ネット上にほとんど情報がないこちらの神社。

日本一美しい川の水源 「安居渓谷」 日本一美しい川の水源 「安居渓谷」 迫力ある大自然の眺望を楽しめます。森と崖に囲まれた渓流の絶景や、仁淀ブルーの名の通り、底まで青く透き通る仁淀川支流の水は、思わず息を呑んでしまう美しさです。秋には鮮やかな紅葉も楽しめます。是非一度訪れてみて下さい。

高知が誇る真のパワースポット。これぞ仁淀ブルー。秘境の滝「にこ淵」 高知が誇る真のパワースポット。これぞ仁淀ブルー。秘境の滝「にこ淵」 仁淀川の支流、いの町の奥へ流れる枝川川にあるにこ淵。ここでは「仁淀ブルー」の源泉といっても過言ではないほどの、神聖な青を見ることできます。夏から秋にかけて、観光・デートにオススメのスポットです。

ニコ淵はもう古い?!秘境!エメラルドブルーの神秘なる滝壺。「三樽権現の滝」 ニコ淵はもう古い?!秘境!エメラルドブルーの神秘なる滝壺。「三樽権現の滝」 知る人ぞ知る秘境の滝。エメラルドブルーに輝く滝は圧倒的な美しさと神秘さです。

水晶淵の詳細情報はこちら

記事内画像はyuukei439さん高知Sup同好会さんからのご提供です。


この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のシェアリンクから各自シェアすることができますので、お友達に気軽に送ることができます。

店名
水晶淵
所在地
高知県吾川郡仁淀川町大屋
地図
アクセス
高知駅から2時間
ホームページ
https://niyodoblue.jp/
駐車場
車10台程度
コンビニ
付近になし

あなたにお薦めの記事