【ラ・メール】愛されて58年!高知の知る人ぞ知る伝説の喫茶店。

こんにちは、レペゼン高知編集部です

高知は喫茶店の数が日本一多いということで有名ですが、その高知の喫茶でも伝説となっている喫茶店があります。

その名も「ラ・メール」聞いたことある人もいるのではないでしょうか?高知で58年続く老舗喫茶店で全国から多くのファン、常連客で賑わう知る人ぞ知る喫茶店。

今日はその人気に迫りたいと思います。

ラ・メールの詳細情報はこちら

目次

場所は高知市帯屋町

高知駅から車で約5分。徒歩で20分ほど。オーテピア高知図書館の隣にお店はあります。

人通りの少ない路地にひっそりとお店を構えて58年目。入る前から緊張します。

レペ高編集部

私が生まれる前からあるお店。伝説の喫茶へいざ。

昔ながらの店内

店内は暖色のほんのり暗いお店。飾らず気取らず、これがまたいい。コーヒーの香りとゆるりと流れるジャズ。

これぞ求めていた喫茶店。一度お店を閉業していた様ですが最近復活したとのこと。

知る人ぞ知る名店、この隅っこの席がなんとも美しい・・・。これぞ探し求めていたお店。

高知には沢山の名店がありますが、その中でもズバ抜けて人気なのがここ、ラ・メール。

完全オリジナルのトーストが人気とのこと。20年後にはほぼ全ての喫茶店が廃業となるので、今しか体験できないと思うと希少価値しかありません。

ラ・メール メニュー

メニューは遊び心の詰まった怪文書の様なメニュー。メニューを見なくても注文する物はすでに決まっています。

お目当ては「いたりあ」と「あんぱん」

長い営業の中で生まれた名作のトースト。新商品開発への熱い想いやこだわりが感じられます。世の中にどれだけ新しい物が生まれようと、これを超えるものは出てこないと確信しています。

レペ高編集部

マスターのトーストへの愛を感じますね。

注文することに

いたりあ 750円

グレープフルーツとマスカルポーネが乗ったトースト。一口食べた瞬間衝撃が走ります。

流石、58年続く老舗喫茶店。現代のスイーツを遥かに凌駕するおいしさ。フルーツの甘さとチーズの甘み、サクサクとしたトーストの食感。最高です。

もっと早く知りたかった・・・。喫茶店に人生を捧げたマスターのみが生み出せる味。

コーヒーやソフトドリンクと一緒に注文してください。

レペ高編集部

イナズマ級のおいしさ。死ぬまでに一度は食べてほしいトースト。

あんぱん 650円

トーストの上にぎっしりと乗せられたあんこ。その上に抹茶パウダーがほんのりと。

これぞまさに至高のトースト。正直トーストにここまで感動させられるとは思ってもいませんでした。

いかがだったでしょうか?

知る人ぞ知る高知の名店、ラ・メール。

あと20年すると高知のほぼすべての喫茶店が閉業します。後世に残したい景色があるように、こういう素敵なお店も後世に語り継がれたいですね。この感動と想いが多くの方に届きますように。

レペ高編集部

ほんとうのおいしいとはいったい何なのか、考えさせられる、最高に素敵なお店でした。

周辺スポット

ラ・メールの詳細はこちら

店名
ラ・メール
住所高知県高知市帯屋町1丁目14−18
地図
アクセス高知駅から車で約5分
営業時間10時~16時
定休日月曜日・火曜日・金曜日
駐車場付近のコインパーキング
コンビニあり
クレジットカード現金のみ

他にもYouTubeで高知の魅力を発信中 /

目次
閉じる