【足摺海底館】海底7メートルの新世界がすごすぎた・・・青く輝く海の神秘!

こんにちは。

今日ご紹介する高知の観光スポットは高知県土佐清水市にある足摺海底館の紹介記事になります。

「水族館=水槽の中の魚を鑑賞」という常識をひっくり返され、神秘的空間を体験することができます。

近くには足摺海洋館SATOUMIもありますので、休日は土佐清水行ってみてはどうでしょうか?

気になる足摺海底館の詳細情報はこちら

足摺海洋館SATOUMIの記事はこちら

目次

場所は足摺宇和海国立公園内

記事の下部にありますマップを参考にお越し下さい。

足摺海底館は公園の中に建設されていますので、車を停めて遊歩道を歩いて行きます。

遊歩道には奇岩と呼ばれるさまざまな形に変化した岩がたくさんあります。

もともとは海底だった地が地震などで地上に上がってきたそうです。

おもしろい形の岩や海を眺めつつ歩いて行くとすぐに水族館へ到着します。

海底へいざなうユニークな建物

青い海と空をバックに建設されたユニークな形の赤い水族館。

足摺海底館の料金

入場料は大人900円、小人(高校生まで)450円です。

足摺海底館の手前にある竜串観光案内所で割引クーポンがもらえます。

また龍馬パスポートやJAF会員での割引もあります。

いざ、水深7mの海底へ・・・

螺旋階段を一段、また一段と降りていくごとにわくわく感が増していきます。

一体どんな世界が繰り広げられているのでしょうか・・・。

螺旋階段をおりること2分。

ノスタルジックな雰囲気が漂い始めます。そこまもう海底世界。

幻想的な海底の世界

螺旋階段を降りたその先に広がる海底の世界・・・。

丸い海中窓から差し込む青い光が幻想的で、なんとも言えない不思議な感覚に陥ります。

ハリセンボンやタイ、メジナ、イワシなどの回遊魚をみることができます。

椅子に腰かけてのんびり魚を鑑賞

海中窓を眺めるのにちょうどいい椅子が用意されています。

時間が許す限り、ぼーっと座って海の中を眺めていたくなります。

展望室

海底の世界を楽しんだら地上に戻ります。

ここでは雄大な太平洋や夕日を鑑賞することができます。

いかがだったでしょうか?

刻一刻と変化していく海底の世界。

「水槽の中にいる魚」をみるのではなく、「海の中にいる自由な魚」をみるという他の水族館では味わえない体験。そこにはいつ、なにが見れるか予測できない楽しさがあります。

足摺海底館の周辺には高知県西部の海を存分に楽しめる観光スポットがたくさんありますよ。

「足摺海底館」周辺スポット

気になる足摺海底館の詳細はこちら

店名
住所高知県土佐清水市三崎4124-1先
地図
アクセス高知駅から車で約170分
営業時間9時00分~17時00分
定休日不定休
電話番号0880-85-0201
天然ミュージアム・足摺海底館HPhttp://www.a-sea.net/
駐車場あり
コンビニなし
クレジットカードクレジット不可

他にもYouTubeで高知の魅力を発信中 /

目次
閉じる