こんにちは。

今日の記事は四万十川沿いに約1000万本の菜の花が咲く、通称菜の花の森を皆様にご紹介します。

毎年2月~3月になると四万十市、入田ヤナギ林に菜の花が咲き誇ります。それに伴い、四万十川花紀行入田ヤナギ林菜の花まつりが開催されます。

四国八十八系にも選ばれた、四万十川菜の花の森に是非行ってみてくださいね。

四万十川菜の花の森の詳細情報はこちら

 

場所は四万十市

噂の菜の花畑は四万十市、中村。高知駅から車で約2時間。

JR中村駅から徒歩で30分。詳細は記事下部のマップをご参照ください。

四万十川橋(赤鉄橋)を渡り、右手に広がる河川敷が今回の舞台。

車は上記の写真のようにフリーの駐車場。車約50台分。

仮設トイレ等も設置されています。休日はお店なども出ているようです。

 

一面菜の花の黄色い世界

駐車所から徒歩1分歩くと、そこには無限に広がる菜の花が。

フォトスポットなども設置されている様です。

こちらの菜の花は四万十川沿いに約2キロ咲いていて、菜の花ロードを歩いて楽しむのが定番の様です。

ヤナギ林を覆いつくすほどの菜の花。海外の様な景観に心動かされます。

 

春を感じる

約1000万本咲いている菜の花、そこにはミツバチが飛び回っています。

かすかに聞こえるブーンという音と共に、春の甘い香り、暖かい風が吹き抜けます。

非現実空間を思わせる入田ヤナギ林の菜の花畑。海外に来たかのような雰囲気と感動があります。

道などは整備されているので、車椅子、ベビーカーでも通ることができます。

約2キロの菜の花ロードですが、あっという間に一周してしまします。

クネクネの道、無造作に生えているヤナギ、すべてが幻想的で最高です。

ぐるっと一周菜の花畑を見ながら歩くと約20分ほどで駐車場にもどることができます。

菜の花畑に入れないようにロープが張られているので、菜の花畑には入らないようにお願いします。

またピクニックの際に出たゴミ等は各自お持ち帰りください。

 

いかがだったでしょうか?

四万十市まで少し遠いですが、天気のいい日にドライブがてらどうでしょうか?

付近にはTシャツアート展などで有名な入野海岸や有名なうどん屋、いろりやなどもあります。

高知の数少ない海外気分を味わえる素敵なスポットです。

 

四万十川菜の花の森周辺スポット

【いろりや】うどんは人生。創業40年の技前。 【いろりや】うどんは人生。創業40年の技前。 ほんとは教えたくない!伝説のうどんや。西部に行く際には是非寄ってみてください。特に卵かけご飯が絶品です!

【奥のほそ道】奇想天外。秘境にある伝説の田舎食堂。 【奥のほそ道】奇想天外。秘境にある伝説の田舎食堂。 THE 田舎の昔ながらなお店。面白おかしい店主とどことなく懐かしいお店は心温まります。

【足摺黒潮市場】鰹の原点!本場のたたきといえば土佐清水! 【足摺黒潮市場】鰹の原点!本場のたたきといえば土佐清水! かつおのたたき発祥の地で本格藁焼き体験!高知に来るなら、高知に住むなら一度は体験しておきたい!詳細はこちらの記事をチェック!

【松尾漁港】絶対行きたい。清水の穴場スポット!神秘なる青の洞窟 【松尾漁港】絶対行きたい。清水の穴場スポット!神秘なる青の洞窟 土佐清水に観光の際は行ってもらいたい場所です。インターネット上にはほとんど乗っていない穴場スポットなので是非!詳細はこちらをクリック。

【柏島】海外に絶対負けてない高知の楽園リゾート。 【柏島】海外に絶対負けてない高知の楽園リゾート。 沖縄にも海外リゾートにも負けないくらい綺麗な海。マリンスポーツ、シュノーケリング、ダイビングを目的とし県外から数多くの方が訪れます。

【大堂お猿公園】お猿にエサやり?!高知はまさに自然の大都会。 【大堂お猿公園】お猿にエサやり?!高知はまさに自然の大都会。 冬季限定でお猿さんにエサやりができます。高知ならではのほっこりスポット。

四万十川菜の花の森の詳細はこちら

施設名
四万十川菜の花の森
所在地
高知県四万十市入田2985
地図
アクセス
高知駅から車で2時間
ホームページ
https://www.shimanto-kankou.com/kanko/natural-park/nanohana.html
駐車場
車50台程度
コンビニ
付近にあり
この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のボタンからから各自シェアすることができます。

あなたにお薦めの記事