皆さんは国立室戸青少年自然の家はご存じでしょうか?

室戸岬を南に望み、海や山の自然体験やスポーツ・文化活動ができるところで

小学生、中学生の時に利用したことがある方も少なくはないんじゃないでしょうか。

 

 

今回の記事は、国立室戸青少年自然の家がリニューアルということで、レペゼン高知が密着取材しましたのでそちらの紹介記事になります。

東京芸術大学や武蔵野美術大学の学生達によって施設の壁面をキャンパスに”インスタ映え”する絵が描かれました。

写真映えするので、室戸に行った際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

気になる室戸青少年自然の家の詳細はこちら

 

国立室戸青少年自然の家

国立室戸青少年自然の家は山上にあり、高知市内から車で約2時間30分ほどで行くことができます。

下記の写真は、アート作品になる前の施設の写真になります。  

小学生の時ここの施設に泊まったことがあります、懐かしいですね~。この施設が一体どんな感じになるのか楽しみです。

 

密着取材

レペゼン高知ではアートが施される5日間のうち3日間、取材を行いました。

天候、撮影日程等により、写真の枚数に差がありますが、ご了承ください。

アート作品を作る前に、まずは使いたい色を作ることが1番初めの仕事になります。

作品紹介

一ノ瀬 健太
東京藝術大学 大学院美術研究科
地方創生アーティストとして活躍している。

自然の家の入り口をペイント。

室戸高校美術部員や、自然の家OBの協力のなか完成しました。

完成した作品

作品コンセプト

タイトルは”Insta Whale(インスタホエール)”

「インスタグラムの”映え”スポットとして多くの方々にこの場所を訪れてほしいと思います。」

作品紹介

長谷川 彰宏
東京藝術大学 デザイン 3年
丸の内ビルでライブペイントをするなど、活躍している若きアーティスト

当初は屋内に絵を描く予定でしたが、屋外へ変更。

今回の絵のイメージは アート作品の手の中に人が入れるフォトスポットを。某アニメのスタンドをイメージとした作品です。

 

 

完成した作品

作品コンセプト

タイトルは”KUKAI”

高知県室戸岬にある御厨人窟にて空海は悟りを開いたとされる。

その空海をもとに、その時視たものを私なりにイメージし具現化を試みた。

 

作品紹介

山田 勇魚
樹脂や古道具を扱う立体造形作家。付喪神をテーマにしたジャンクアートや、沈没船とクジラをモチーフにした作品を制作している。昨年は室戸で企画展を行うなど活躍中。

フォトスポットとして、絵のどこにでも立てる(くじらの中に入れる)作品。

階段をキャンバスとして扱うので、正面から見たときにきちんと絵になるように、見え方の調整が必要。

意外にも絵の右下の署名が大変だった。

 

完成した作品

作品コンセプト

タイトルは”クジラと共に”

スマートフォンのカメラを横に構えると頭の先から尻尾までちょうど収まる。

階段の好きな位置に立ってポーズを取ることでクジラの背中に乗ったり一緒に泳いだりできる。

作品紹介

大島 利佳
東京藝術大学 デザイン 3年
アクリル絵具や、日本画材を使って女の子を題材とした日本画を描く。2019年2月には銀座にて個展を開催。

今回の作品のイメージは「可愛く、ゆるく、やさしい」

みんなが参加できる等身大の作品をつくりたい。

完成した作品

作品コンセプト

タイトルは”FLOAT&BATH”

老若男女問わず楽しめるように描きあげました。

白い浮き輪ベッドの前に立つのがオススメ。実は人魚もいるので探してみよう。

作品紹介

沖 綾乃
武蔵野美術大学 日本画 3年
2018年KENZAN2018にて八犬堂ギャラリー賞を受賞。絵はコミュニケーション。

人生で1番大きなキャンバスに描くので、楽しさと嬉しさを感じている。

その反面、難しさも感じている。

完成した作品

作品コンセプト

タイトルは”鯨死して骨残す”

絵の中に立った時、骨の内側に入ったような臨場感や迫力を味わってもらいたい。

クジラに飲み込まれたピノキオの気持ちを追体験してみてください。

 

いかがだったでしょうか?

突如室戸に出現した、インスタ映え写真スポット、いかがだったでしょうか?

日本トップクラスである東京芸術大学や武蔵野美術大学の方々の絵を見ることができる機会は少ないと思います。

室戸に遊びに行った際は是非お立ち寄りください

室戸青少年自然の家周辺スポット

斬新!廃校を使った水族館 「むろと廃校水族館」 斬新!廃校を使った水族館 「むろと廃校水族館」 廃校を使った、斬新な水族館。古き学校の良さと水族館の魅力を同時に味わえる次世代水族館。

高知が誇る世界ジオパーク 「室戸ジオパーク」 高知が誇る世界ジオパーク 「室戸ジオパーク」 高知が誇る世界認定のジオパーク。自然が作り出した芸術作品。肌で歴史を感じ、大自然のすごさを感じることができます。

豪華絢爛!室戸名物キンメ丼と言えばここ!「料亭花月」 豪華絢爛!室戸名物キンメ丼と言えばここ!「料亭花月」 室戸のキンメ丼といえばここ。豪華新鮮海鮮丼、キンメ丼を食べてみたくないですか?デートプランに最適のお店です。詳細はこちらをクリック。

花の楽園「北川村モネの庭マルモッタン」 花の楽園「北川村モネの庭マルモッタン」 まさに絵画の中の世界!花や緑が美しい庭園の景色に心が癒されます。詳細はこちらをクリック。

みかど
みかど

 

気になる室戸自然の家の詳細はこちら


この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のシェアリンクから各自シェアすることができますので、お友達に気軽に送ることができます。

店名
国立室戸青少年自然の家
所在地
高知県室戸市元乙1721
地図
アクセス
高知駅から2時間30分
電話番号
0887-23-2313
定休日
年末年始(12月28日~1月4日)
ホームページ
http://muroto.niye.go.jp/index.html
駐車場
車50台分程度
コンビニ
付近になし
皆さんのレビュー
掲載施設や店舗へ行った際のレビューを投稿して、みんなと共有してみませんか?
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
  • 投稿内容は、掲載施設や店舗に関することのみとなります。編集部や記事の内容に関しては、お問い合わせページからお問い合わせください。
  • 投稿いただいた内容は、編集部にて確認後に公開させて頂きますので、投稿内容が反映されるまで24時間程度かかる場合があります。
  • 誹謗中傷や悪意のある内容などは削除または修正させていただく場合があります。
投稿する

レビューを投稿する