【十一屋】創業96年の味を引き継いだカレー専門店の和風スパイスカレーが最高だった。

こんにちは。

今日の記事は1926年創業の十一屋。その味を引き継ぎ、カレー専門店として、2022年8月27日に高知追手筋55番街にてリニューアルオープンした『カレー十一屋』の記事になります。

元々、十一屋はうどんと蒸し寿司が売りのお店でしたが、その出汁を引き継ぎ、さまざまなスパイスを加えた”和風スパイスカレー”を創作。長い時間をかけて作る本格カレーは間違いなしの味です。

看板メニューのオムカレーが見逃せません!!是非記事を最後までご覧ください。

カレー十一屋の詳細情報はこちら

目次

場所は高知追手筋55番街

高知駅から車で約5分、徒歩で15分のところにお店はあります。

駐車場は付近のコインパーキングをご利用ください。高知55番街にある酒と肴 盃(まるはい)というお店で、お昼のみ営業しているようです。

55番街に入ると黄色い横断幕でカレー 十一屋(といちや)と書かれているのですぐわかると思います。

お店の定休日は月曜、火曜。営業時間は11時から14時まで。毎日限定30食の様です。

レペ高編集部

小道の路地にひっそりとあるので隠れ家感があっていいですね!
気になる人とデートで行きたくなるような雰囲気です。

落ち着く店内

店内はシックな雰囲気で、落ち着きがあります。カウンター席が8席ほど、2階はテーブル席があります。

店内に入ると香ばしいカレーの匂いが漂います。

木目が見える落ち着いた内装、ゆっくりと時間が流れる雰囲気を愉しむことができます。

十一屋(といちや)メニュー

看板メニューはオムカレー、めちゃんこおいしいです。そしてもう一品、甘口キーマカレー。

皆さんが思っている以上に甘いです。でも癖になる甘さ。

レペ高編集部

言葉で伝えるのは難しいので一度食べてほしいですw

注文する事に

オムカレー 900円

フワッフワのたまごが和風スパイスカレーの上にどーん!十一屋の焼印がまたオシャレでかわいい。

たまごと混ざり合うことでよりまろやかに、口溶けも最高。

和風スパイスはスパイシーですが、和風とつくだけあって日本人にどこか馴染みのある味わい。本当の本当においしい。

レペ高編集部

オムを割ると中はトロトロの半熟!
カレーと絡んで最高の味わいでした…

ダブルエビフライカレー 1300円

夜営業の酒と肴 盃(まるはい)とのコラボ商品であるダブルエビフライカレー。酒と肴盃で人気を博しているドデカいエビフライを贅沢に2尾使用。サクサクジューシーなエビフライと和風スパイスカレーの相性はもう言うまでもなく抜群で絶品。

エビフライ好きにはたまらない一品です。

レペ高編集部

プラストッピングでさらにエビフライを足しても満足感UPです。
チーズを合わせても美味しいです。

焼きカレー 1000

和風スパイスカレーを完全に覆うほどのチーズをのせて、少し焦げがつくくらい炙る!

極めつけは上に載っている半熟の卵。チーズ、たまご、和風スパイスのトリプルコンボはまさに至高。

チーズ好きにはたまらない一品です。

チーズの甘さと香ばしさが鼻を抜けます、半熟卵も乗っていてクリーミーな味わいです。

いかがでしょうか?

それぞれのカレーに違う味わいがあって足繫く通いたくなる「カレー 十一屋」。

約96年も続いたお店から引き継いだ究極の味がありました。移転前の十一屋には全国からカレーマニアが集まってくる程人気があったそうです。

好きなトッピングを注文し、自分好みのオリジナルカスタムカレーを見出してみてください。

カレー 十一屋周辺スポット

カレー 十一屋の詳細はこちら

店名
住所高知県高知市追手筋1-18-2 酒と肴 盃
地図
アクセス高知駅から車で5分
営業時間11時00分~14時00分
定休日月曜・火曜
電話番号088-872-2890
駐車場無し
コンビニ付近にあり
クレジットカードカード可能

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる