今回の記事は梼原町にある「ゆすはら雲の上の図書館」です。

一般的な図書館は私語厳禁、飲食禁止、携帯電話はマナーモード、がマナーだったりしますよね。

また、図書館特有の、張り詰めたように静かな雰囲気って肩が凝りそうというか少しでも喋ったら睨まれそう…という感じがしませんか?

ゆすはら雲の上の図書館は、そうじゃないんです。
ゆすはら雲の上の図書館は、もっと自由で快適なんです。

雲の上の図書館ってどんな図書館?

・建物には梼原町産のスギ、高知県産のヒノキを使用
・2020年東京オリンピックの国立競技場の建設に携わっている「隈研吾」さんがデザインを手がけている。
・一部のスペースでは飲食OK
・ゴロゴロとマイペースに本を読んでOK
・交流スペースもありコミュニティの場でもある

 

ゆすはら雲の上の図書館の詳細情報はこちら

 

外装

緑の芝生の上にどーんと建っています。
芝生の上ではピクニックもできそうです。
雲の上の図書館というフォントがオシャレですね。

 

木で覆われた内装 1階

天井一面に施された、圧倒的な組み木…。
ついつい上を見ながら歩いてしまうほどです。
床も本棚も机も全部、すべすべの木でできており、一般的な図書館とは一線を画するオシャレライブラリーです。

棚田をイメージしたこの階段は、色々なことに活用できるようになっています。
3月は雛壇として活用され雛人形が鎮座していました。
ライブイベントやトークショーの時はステージになるようです。
有効活用できる工夫がたくさん仕込まれており、匠の技を感じます。

子ども用の机と椅子が用意されたキッズ絵本コーナーもあります。
ベビールームや授乳室もあるのでお子様連れも安心して過ごせますね。

 

まるで本の森2階

1階は図書館を一望できます。2階は本の森といっても過言ではない空間が広がっています。

現代の図書館とはまた一味違った良さが味わえます。

その良さは目で見て体で感じていただきたいです。

少し遠いですが、梼原町の町並みも一風変わっていて違う世界に来たかのような感覚に陥ります。

この記事をきっかけに一人でも多くの方がこの図書館に足を運んでいただければと思う次第です。

 

いかがだったでしょうか?

組み木のすき間から差し込む太陽の光と、心地よい適度な静かさ…。

そんなリラックス空間で、色々な本を手に取ってゆっくりとした時間を過ごしてみませんか?

2019年4月からは館内にカフェもオープンしたそうです。レペゼン高知もまた行かねばなりません!


 

みかど
みかど
ねお


ゆすはら雲の上の図書館の詳細はこちら


この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のシェアリンクから各自シェアすることができますので、お友達に気軽に送ることができます。

店名
ゆすはら雲の上の図書館
所在地
高知県高岡郡梼原町梼原1212-2
地図
アクセス
高知駅から2時間
電話番号
0889-65-1900
定休日
火曜日
営業時間
10時00分~21時00
ホームページ
http://kumonoue-lib.jp/
駐車場
車40台程度
皆さんのレビュー
掲載施設や店舗へ行った際のレビューを投稿して、みんなと共有してみませんか?
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
  • 投稿内容は、掲載施設や店舗に関することのみとなります。編集部や記事の内容に関しては、お問い合わせページからお問い合わせください。
  • 投稿いただいた内容は、編集部にて確認後に公開させて頂きますので、投稿内容が反映されるまで24時間程度かかる場合があります。
  • 誹謗中傷や悪意のある内容などは削除または修正させていただく場合があります。
投稿する

レビューを投稿する