今回紹介するのは、無加水カレーのお店、「永渕食堂shanti(シャンティ)」です。

無加水カレー、ご存知でしょうか?

無加水カレーってなに?

水を使わずに作るカレー。
素材の水分だけで炊き上げる。
旨味の凝縮されたカレーになる。

 

それでは、インド出身の店主が作る本格カレーの記事をどうぞ。

気になる「永渕食堂shanti」の詳細情報はこちら

場所は大豊

高知市内から大豊方向へ、国道32号線を徳島県との県境付近までお越しください。

登り口が分かりづらいですが、写真の水色の看板を目印にお越しください。

途中の大きなご神木のある神社を過ぎて、もう少し奥へ行ったところにあります。

筆者が訪れた際にはニホンザルも飛び出してきましたので、くれぐれも前方にご注意ください。

古民家風のお店

外からだと、少しカラフルな民家に見えますが、観音開きのドアを開けるとそこは異国のよう。

こだわった家具や植物・インテリアはまるで外国に来たようです。

テーブル席・カウンター席・お座敷がご用意されていますので、

ご家族、小さなお子様を連れてのご来店でも安心です。

メニュー

付け合わせのサブジ(カレーの野菜炒め)と、Non Veg. plateで頂けるカレーは出てくるまでのお楽しみ。

もちろん、キッズplateもご用意されていますので、ご安心ください。

お料理

Non Veg.plate 1,200円

この日は左から順に、ヨーグルトサラダ、オクラカレー、芋カレー、ひよこ豆のカレーでした。

ご飯にかかっているのが、ダル(豆カレー)といって、店主いわく北インドのおふくろの味。甘い味付けで、食べやすかったです。

そしてなんといっても、小鉢のチキンカレーが絶品でした。かなりスパイシーですが、是非Non Veg. plateを頼んで頂きたいです。

本格カレーといっても、全てが辛いというわけではなく、種類によって様々な味が楽しめました。

むしろ、小鉢のチキンカレー以外はマイルドな味付けで、そこまで身構える必要はありません。

いかがだったでしょうか?

インド出身のきさくな店主が作る本格カレーはいかがですか?

なんでも、インドカレーとはまた違う、オリジナルカレーなんだそうです。

ここでしか食べられない本格カレーなので、ぜひ一度「永渕食堂shanti」に足を運んでみてください。

「永渕食堂shanti」周辺のスポット

これぞ穴場カフェ。まるで、ジブリ。「大田口カフェ」 これぞ穴場カフェ。まるで、ジブリ。「大田口カフェ」 山道の中の、穴場な素敵カフェ。自然を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。外装も店内もとにかくお洒落。キッズスペースがあるので、ファミリーにもオススメです。

【ひばり食堂】伝説のカツ丼!大豊の名物食堂! 【ひばり食堂】伝説のカツ丼!大豊の名物食堂! 「伝説のカツ丼」と呼ばれる大人気のカツ丼。毎日多くのお客さんで賑わっておりいろんな定食が食べられえます。どれもとにかくボリューミー!!

【渕食堂shanti(シャンティ)】高知の山奥隠れ家で、超本格カレー。 【渕食堂shanti(シャンティ)】高知の山奥隠れ家で、超本格カレー。 インド出身のきさくな店主が作る本格カレーのお店で、店主オリジナルの無加水カレーをどうぞ。 山の上にある、古民家風の店内からは、大豊の山間部が一望できます。 ここ、「永渕食堂shanti」でしか食べられない本格カレー、ぜひ一度お試しください。

お子様連れの方にもオススメ!可愛い店内とお洒落なスイーツでインスタ映え!「プルメリアラクーン」 お子様連れの方にもオススメ!可愛い店内とお洒落なスイーツでインスタ映え!「プルメリアラクーン」 本格手作りスイーツをリーズナブルな値段で味わえると話題に!可愛い店内と個室のキッズスペースがありお子様連れの方、カップルの方にオススメ。 インスタ映え間違え無しのお店なので、インスタグラマーの皆さん、必見です。


ひかる
みかど

気になる「永渕食堂shanti」の詳細はこちら

店名
永渕食堂shanti
所在地
高知県長岡郡大豊町永渕548
地図
最寄り駅
豊永駅
電話番号
05053283428
定休日
不定休
営業時間
11時~17時
駐車場
乗用車数台(大きい車は事前に連絡とのこと)
キッズコーナー
小上がりの和室有り
この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。
下記のボタンからから各自シェアすることができます。

あなたにお薦めの記事